チラシ,印刷について

印刷したチラシを広範囲に届ける

チラシの内容を広く伝えるためには、印刷してからの取り組みを工夫しなければなりません。
印刷したチラシ単体に他の販促物などを組み合わせることができるなら、一つの封筒に封入してダイレクトメールを作る方法が効果的です。
チラシそのものがポストに投函されていた場合、受取人は即座に内容を把握できてしまいます。
他の郵便物に埋もれている可能性が高いので、一瞬見ただけで必要か否かを判断されがちです。
その一方で、封筒に入っているのであれば中身が気になります。
受取人にとって大切な手紙である可能性が否定できないからです。
その時点で他の郵便物と差別化を図ることができますから、注目してもらえる確率は高いと言えます。
また、封筒の内容物が多いほど中身をよく見てもらえる傾向もあります。
地域しだいでは厚紙などをゴミ出しするときのルールが厳格化されていますから、手に取って材質を確かめなければならないからです。
分別しているつもりがチラシの内容が目に入り、伝えたいことが受取人の記憶に残りやすくなります。

Copyright(c) チラシ,印刷 All Rights Reserved.